過而不改、是謂過矣


時事通信 4/23(木)
 菅義偉官房長官は23日の記者会見で、世界保健機関(WHO)が1月に新型コロナウイルスに関する国際的な緊急事態宣言を出したタイミングが適切だったか問われ、「今後、同様の事態が生じた場合の備えを強化するため、WHOが十分に機能したか、事後あるいは必要なら途中でも検証が行われるようWHOへ働き掛けていくべきだ」と指摘した。


こんな時に誰かを責めても、愚痴を言っても始まりませんが、このニュースにはちょっと愚痴りたくなりました。
そっくりそのまま、現政権と専門家会議の皆様に送りたいってのが国民の多くの正直なところではないかなぁ。。。。

「 過ちて改めざる これ過ちという 」

うちの子は寝言でも言えますけどねぇ。
論語、もう少し勉強してほしいです。まさに論語と算盤ですよ。

専門家会議ってワンチームだけでなくてもいいと思いますけど。
何チームも招聘して、いろんな意見をぶつけて、例えば都道府県単位で違う方法で対応してみたり、
その中で、この感染症を封じ込め、患者を増やさない、命を守るやり方としてどれが一番効果的か、
都市ではこのやり方がよさそうだが、地方ではこっちが向いているとか、、、、、

素人考えですかねぇ。

ともかく、当事務所では、経済的に困窮している方や法的な問題を抱えておられる方へのサポートを引き続き行っています。
お気軽にご相談下さい。

(かいのき)

この記事へのコメント